アルバイトの採用面接で高評価を得るために意識することは、「アルバイト先の環境にマッチしている人物であると言う印象を与える」ということと、もう一つ「明朗快活である印象を与える」と言うことです。
必ずしもアルバイトに限定されることではなく、正社員採用試験などでも似たようなポイントが重要となってきます。どんな理由でアルバイトをするのかによって重要度は違ってきますが、一応の「社会人経験」として認識しておくと、将来的にも経験が生きてきます。
採用されるための受け答えには一つ一つ意識を向け、質問に対して適切な回答をすることはもちろんのこと、「どうすれば採用してもらえるか」を考えていくことが大切です。曖昧な表現ではなく直接的な表現を心掛けることも大切です。

アルバイトの採用面接で聞かれやすい質問とは

求人企業がアルバイトに求めることは、基本的な労働力だけではありません。将来的に自社の力となり得る人材を探すと言う意味合いももちろん含まれていますし、その為に教育コストを削減して自社の利益を増やしたいという思惑も含まれます。
社会人経験があればある程度の推測は容易になってきますが、学生の場合はそういったことに気づくことは簡単ではありません。よく聞かれる質問として、「なぜウチで働きたいと思ったのですか」と言うものです。正社員試験であれば「弊社を希望された理由は何ですか」と言った表現に置き換わります。
正社員ならばまだしも、アルバイトが持つ理由は精々「楽しそうだから」とか「稼げるから」と言ったものですが、これはそのまま伝えてしまって特に問題はありません。むしろ、分かりやすい評価につながる可能性が高まります。

求人先が「使いやすい」と思える回答が理想

「こんなことを言ったら評価が悪いのではないか」と考えてしまうと、どうしても回答が一辺倒になりがちです。と言っても、アルバイトに対して企業が期待していることは「安い労働力」という面は少なくないので、「使いやすそうな人材だ」と思ってもらえるだけで採用の可能性は格段にアップします。
前例の質問で言えば、直接「家から近く働きやすい環境だったから」と表現して問題ない理由として、「よりシフトの融通が付きやすそうだと印象付けられるから」という影響があるからです。会社の都合に合わせて丁度良くシフトインできるアルバイトは非常に価値があります。
要は「使いやすい人材」であることが印象付けられれば、それだけで採用率がアップするということです。また、それに加えて「人間的にも魅力のある人物だ」と思わせることが出来れば尚良しです。