アルバイトの採用でも履歴書を提出することがありますが、まずは丁寧に書くこと、またパソコン業務の仕事でしたら、履歴書をすべてパソコンで作成したものを持参するということも印象はよくなります。また自分のもっている資格を記入するのはもちろんですが、資格としてもっていなくても、どのようなことができるのか、きちんと記入しておくことも必要です。さらには自分がアルバイトできる曜日や時間なども履歴書に明記しておくとより、相手の印象がよくなります。アルバイトだから適当でいいということではありません。どのような仕事でも誠意をもって仕事をしていくという態度をみせることが必要になっていきます。写真も、家でとったものでなく、写真屋さんで用意したもののほうが印象はいいです。

アルバイトの面接の印象をあげる

アルバイト募集には、面接が不可欠ですが、そこで採用されるためには、企業が求めている時間や曜日にマッチしていることが一番大切なことです。週1からOKと書いてあったとしても、実はもっと働ける人を希望している可能性はありますし、金曜日しかできないとか、土日は無理とこちらの要望ばかりいってはまず採用は難しいです。アルバイトだから融通がきくというのは大きな間違いで、仕事に関しては普通の社員同様の働きをしてほしいと思っているのは、間違いないからです。面接では、どのような仕事でもまじめに覚えていきたいということを前面に出していくことが必要ですし、実際に働きだしても、アルバイトだから突然休んでもいいということにはならないからです。仕事に責任を持てる人ということが、実は一番大切なことです。

アルバイトの採用に必要なことは

アルバイトというのは、大学生や主婦が気軽に応募するイメージですが仕事の内容は、アルバイトだから適当でいいということではないです。企業にとって大切な戦力になってほしいと願っているのは当然だからです。
採用に好印象になることに、家から近いということも大きいです。電車やバスで通ってくるということではちょっと心配です。災害や交通機関のトラブルで出勤できないということでは、仕事に支障がでる可能性があるからです。家から簡単に通えるところを見つけて、応募してみるということも採用に好印象を与えますから、アルバイトを探す立場からすると、そのようなところからみつけていくのも1つの方法です。さらに健康で体力には自信があるということをアピールしていくことが大切なことです。