アルバイトに採用される前に面接が行われます。この面接で、失敗すると採用を見送られる恐れがあるので注意しましょう。基本的なことが大切です。面接の時間に遅刻しない、フォーマルな服装をしていくと言ったことをおろそかにしてはいけません。面接のときは人間性が問われます。仕事の種類によって若干違いがありますが、コミュニケーションがしっかりできる、真面目に働けることなどを採用する側は見ています。アルバイトの面接でも、正社員の時の面接と同じように真剣な気持ちで受けるようにしましょう。真剣さが伝われば、ほとんどの場合に採用されます。履歴書も必要なので、面接を受ける前に自宅で書き上げておかなければなりません。面接に行く時は、履歴書を忘れないようにしましょう。

面接を突破すれば採用が決まることが多い

アルバイトでも、採用の前に面接が行われます。この面接で良い印象を与えることが必要です。接客のバイトだったら、社交性がチェックされます。お客様とスムーズにコミュニケーションのとれる人材であることをアピールしましょう。面接のときは大きな声で、はきはきと話すことが必要です。質問されたら、それに的確に答えなければなりません。いろいろな作業をするアルバイトもあります。この種のバイトでは、真面目さが調べられます。できるだけ真摯に話すようにすれば、良い印象を与えることができます。それから健康状態をたずねられることもあります。体を使う仕事なので、健康な人でなければ、このタイプのアルバイトはできません。健康のことをたずねられたら、病気はないとはっきり言うことが必要になります。

基本的なことを大切にするのが重要

アルバイトも仕事の一つです。遊びのような感覚では、採用されません。正社員よりは責任は小さいですが、自分に割り当てられた仕事を責任を持ってやり遂げなければなりません。バイトの場合でも、採用する側は応募者の人間性を見ています。人間性は基本的なことに現れます。服装や履歴書の書き方、あいさつの仕方など社会人として基本的なことを大切にして、面接を受けるようにしましょう。服装は派手なものではなくて、フォーマルで清潔感のあるものが好ましいです。履歴書は誤字脱字がないように書かなければなりません。書いているときに間違ってしまったら、最初から書き直しましょう。面接のときは、大きな声を出して、明るく受け答えをしなければなりません。声が小さいと悪い印象を与えるので特に気を付けましょう。

アルバイト・パート採用管理システム「リクオプ」。 管理画面では、自社採用ホームページからの応募者だけでなく、求人媒体からの応募者も一元管理できますので、対応工数削減以外にも求人媒体効果の可視化・適正化にもつなげられます。 「リクオプ」には、採用コスト適正化につなげるべく、さらなるアルバイト・パート応募者獲得につなげられる強力な自社採用ホームページ作成・管理機能があります。 アルバイトの採用管理システムのことならこちら